ここから本文です

【映像】ミサイル迎撃の瞬間 米国防総省が映像を公開

6/1(木) 12:10配信

AP通信

(ワシントン、 アメリカ、5月30日 AP)― 北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)開発が進む中、米軍は30日、太平洋上で行ったICBMの迎撃実験で、模擬弾頭の迎撃に成功した瞬間の映像を公開した。

米ミサイル防衛局は、カリフォルニア州バンデンバーグ空軍基地の地下サイロから、迎撃ミサイルを発射した。標的は、太平洋のマーシャル諸島クエゼリン環礁にある米軍テスト施設から発射されたICBMの模擬弾頭。

国防総省によると、迎撃ミサイルから分離したキル・ビークル(迎撃体)は計画通り、大気圏外で目標の模擬弾頭を捉え、衝突の衝撃でこれを破壊した。迎撃体は今回の実験でも、実戦で使用される場合も、爆発物は搭載しないという

ミサイル防衛局報道官は、今回標的となったミサイルは、北朝鮮が開発中のICBMを模したものではなく、過去の迎撃テストで使用されたICBMより高速での飛翔を想定して製造された特別仕様げだったと述べた。

(日本語翻訳 アフロ)

最終更新:6/1(木) 12:10
AP通信