ここから本文です

けっきょく「都民ファーストの会」って何なの?「小池新党」がわかる9つの事実

6/1(木) 6:10配信

BuzzFeed Japan

東京都議選(6月23日告示)に向けて、「小池新党」とも呼ばれる「都民ファーストの会」に注目が集まっています。いったい、どんな地域政党なんでしょう。BuzzFeed Newsでは、公約やこれまでの報道、取材を踏まえ、9つのポイントにまとめてみました。【BuzzFeed Japan / 籏智広太】

築地市場のいまを伝える13枚の写真 漂うノスタルジーと揺れる移転問題

1. ねらいは知事支持派で過半数

都民ファーストは、小池百合子知事が塾長を務める政治塾「希望の塾」を主宰する団体として、2016年9月に設立されました。

都議選を見据えて、地域政党として活動を始めたのは2017年1月。都議会での現有勢力は5議席です。

都議選における都民ファーストのねらいは、定数127の都議会において、小池知事支持派で過半数を得ることにあります。

2. もともと代表は小池知事じゃなかった

小池知事本人は「公務多忙」を理由に、4月末から「特別顧問」についていました。代わりに代表をしていたのが、知事の特別秘書を務める野田数氏です。

2009年から12年まで都議だった野田氏。自民党を離党後、新会派「東京維新の会」を立ち上げました。同会は都議会で「大日本帝国憲法」の復活を求める請願に賛同し、物議を醸しました。

ただ、党内からは小池知事に代表就任を待望する声も大きく、5月30日、小池知事は6月1日の決起大会で代表に就く考えを示しました。

3. 綱領が話題に

4月に発表された「都民ファーストの会綱領」は、その書き出しの壮大さから注目を浴びていました。

“宇宙から夜の地球を見た時、世界は大きな闇と、偏在する灯りの塊に見える。その灯りの塊の最も大きなものが、東京を中心とした輝きである。

その輝きは、東京という大都市の力であり、経済の大きさであるが、同時に、そこにある一つひとつの灯りの下に、人々の生活があり、営みがあることを政治は想像できなければいけない。“

都議団の音喜多駿幹事長は自身のブログで「やや情緒的だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、こうした個性・らしさが大切」と説明しています。

綱領のなかでは、党の大原則は「都民ファースト」「情報公開」「賢い支出(ワイズスペンディング)」の3点だと記しています。

1/3ページ

最終更新:6/1(木) 6:10
BuzzFeed Japan