ここから本文です

小倉優子、収録中に嘔吐(おうと)した「こりん星キャラ」時代振り返る……当時の関係者に謝罪

6/1(木) 13:16配信

トレンドニュース(GYAO)

タレントの小倉優子が、こりん星キャラでブレークした頃の多忙な日々を振り返った。収録中に寝ることも珍しくなかったらしく、当時の番組関係者に向けて謝罪した。

【無料配信】「今夜くらべてみました」最新話を配信中>>

5月31日放送の日本テレビ系「徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました」では、こりん星キャラで大ブレークしていた頃に小倉が抱えていた“闇”に迫った。
MCを務めるお笑いコンビ・フットボールアワーの後藤輝基は、「(小倉が)収録中にスーッと立ち上がって、端に行って吐いた。そのまま帰るのかと思ったら、戻ってきて座った」「座ってまた空を見んねん」と証言した。

小倉は、「数々の番組で寝てしまいました。1人のタレントとしてお金をいただいている仕事なのに本当に申し訳なかったと思います」と当時の番組関係者に向けて頭を下げる。多忙な日々を送っていた当時は「VTRは寝ていいものだ」と考えていたとざんげした。

小倉がとくに謝罪したい相手とは、タレントのガッツ石松。あるクイズ番組で、ガッツとお笑い芸人・はなわと席が並んだ際、ガッツは「眠たいなら俺が隠してあげる」と言ってはなわと2人で小倉をカメラから隠して眠らせてくれたらしい。

「今夜くらべてみました」では、ガッツから小倉にメッセージが送られた。「(当時の小倉は)“心配牧場”だった」といったガッツの温かな言葉を受けて、小倉も「優しい……」と感激した様子だったのだが、その後衝撃の事実が明かされてまさかのオチがついてしまった。

(文/原田美紗@HEW)

Yahoo!ニュースからのお知らせ