ここから本文です

ジミー大西、渋谷でNetflixオリジナルドラマ『Jimmy』をPR

6/1(木) 7:01配信

ぴあ映画生活

ジミー大西が、自身の半生がモデルになったNetflixオリジナルドラマ『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』のプロモーションで弊社を訪問した。

『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』写真

『Jimmy…』は、何をやってもダメな芸人・大西が、売れっ子芸人の明石家さんまと出会い、いつしか人気芸人になっていくまでを、実話を基に描くドラマ。これまでも様々なバラエティ番組でジミーの爆笑エピソードは紹介されてきたが、本作は明石家さんまが自ら企画・プロデュースを、中尾明慶が大西役を、小出恵介がさんま役を担当し、これまで語られることがなかった“ありへん”エピソードが次々に描かれる。

通常のドラマであれば、出演者やスタッフがPR活動を行うが、この日はドラマのモデルになった“ご本人”が渋谷の弊社オフィスに登場。半自伝的な作品とあって、宣伝活動にも力を入れているジミー大西は、この日も既に何社かPRしてきたという。

渋谷に到着したジミー大西はまず、弊社所属のキャラクター”ぴっけろ”と“くまっぴー”と仲良く記念撮影。その後、オフィスで名刺とチラシをひとりひとりに手渡しながら「よろしくお願いします!」とドラマをPR。「ジミーちゃん!」と黄色い声が飛び交う中、握手や写真撮影を求める人たちに笑顔で応えた。

ドラマ『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』は全9話で、7月7日(金)からNetflixで世界190カ国に同時独占配信されることが決定しており、“ジミーちゃん人気”が全世界に広がる可能性もありそうだ。

『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』(全9話)
7月7日(金)Netflixにて世界190ヵ国同時独占配信

最終更新:6/1(木) 7:01
ぴあ映画生活