ここから本文です

フェラーリのサードドライバーのジョビナッツィ、カナダGPのFP1をハースのマシンで走行予定

6/1(木) 11:41配信

motorsport.com 日本版

 フェラーリのサードドライバーであるアントニオ・ジョビナッツィは、ハースのケビン・マグヌッセンのマシンでカナダGPのフリー走行1回目を担当する。

昨年GP2の年間ポイントランキング。2位のジョビナッツィは優勝のガスリーから8ポイント差だった

 ジョビナッツィは、開幕戦を欠場したパスカル・ウェーレイン(ザウバー/今年1月レース・オブ・チャンピオンズで負傷したため)の代理を務め、決勝では12位という結果を収めた。また第2戦中国GPにも引き続き参戦した。

 さらにジョビナッツィは、ハンガリー、イタリア、マレーシア、メキシコ、ブラジル、アブダビでもFP1を走行する予定である。

 ジョビナッツィは、メキシコでロマン・グロージャン(ハース)のマシンを使用する以外、全てのセッションにおいて、マグヌッセンのマシンをドライブする。

 ジョビナッツィは次のように語った。

「今年すでに大きなチャンスがあったというのに、ハースのマシンに乗れるということは本当に誇らしい」

「フェラーリのサードドライバーになったことは、本当に素晴らしい。ハースのFP1のシートを獲得したことで、感覚を鈍らせないでいられると思う。僕はシミュレーターで学んだことを、実際のレースと同じコンディションで試すことができるんだ」

「フェラーリとハースから信頼を得られていることを誇りに思うよ。シートを共有してくれるケビンとロマンに感謝したい」

 ハースのチーム代表であるギュンター・シュタイナーは、次のように語った。

「アントニオは今年ザウバーで2度レースに参戦し、F1の経験を積んだ。今後のFP1のセッションによって、彼はさらに成長すると思う」

「彼はフェラーリで高く評価されており、昨年のF2(GP2)のパフォーマンスも非常に良かった。これは彼にとって素晴らしい機会になるだろうし、その機会を提供できることを嬉しく思う」

Pablo Elizalde