ここから本文です

ダニエル太郎はカレーニョ ブスタに8連敗で2回戦敗退 [全仏テニス]

6/1(木) 3:14配信

THE TENNIS DAILY

「全仏オープン」(フランス・パリ/本戦5月28日~6月11日/クレーコート)の男子シングルス2回戦で、ダニエル太郎(エイブル)は第20シードのパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)に5-7 4-6 6-4 6-0で敗れた。試合時間は2時間41分。

ダニエル太郎が予選勝者のフラタンジェロを破り、ATPツアーで2度目の8強入り [エストリル・オープン]

 全仏オープンの本戦に3年連続出場となったダニエルは、1回戦で元世界ランク14位のジャージー・ヤノビッチ(ホーランド)を6-4 6-4 6-4で破って2年連続初戦突破。昨年の1回戦ではマルティン・クーリザン(スロバキア)の途中棄権によりグランドスラムの本戦初勝利を挙げ、続く2回戦で前年覇者のスタン・ワウリンカ(スイス)に6-7(7) 3-6 4-6で敗れていた。

 この結果でカレーニョ ブスタは、フューチャーズ大会を含むダニエルとの対戦成績を8勝0敗とした。昨年は4月にエストリル(ATP250/クレーコート)の2回戦で対戦し、カレーニョ ブスタが6-4 7-5で勝っていた。

 今大会のダニエルは、予選の第4シードで出場。予選決勝では第18シードのアンドレイ・ルブレフ(ロシア)を7-5 6-7(1) 7-6(4)で破って本戦入りを決めていた。

 カレーニョ ブスタは3回戦で、第11シードのグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)と対戦する。ディミトロフは2回戦で、トミー・ロブレド(スペイン)を6-3 6-4 7-5で下しての勝ち上がり。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:PARIS, FRANCE - MAY 31: Taro Daniel of Japan plays a forehand during the mens singles second round match against Pablo Carreno Busta of Spain on day four of the 2017 French Open at Roland Garros on May 31, 2017 in Paris, France. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

最終更新:6/1(木) 3:14
THE TENNIS DAILY