ここから本文です

5月は五月晴れ多く 東京は記録的な雨不足

6/1(木) 17:29配信

ウェザーマップ

 気象庁は1日、5月の天候のまとめを発表した。
 先月は高気圧に覆われて晴れる日が多くなったため、月間日照時間は西日本を中心に平年を上回り、長崎県五島市福江と熊本県天草市牛深では5月として最も多くなった。一方、降水量は少なく、とくに東海地方は平年の49%、中国地方で30%と1946年統計開始以来、5月として最も少ない記録となった。
 東京でも5月一か月間の降水量が49ミリと、1967年以来50年ぶりに5月の少雨記録を更新した。

 5月は五月晴れが多くなったことや南から暖かい空気が流れ込みやすかったことで、全国的に気温も高くなった。平均気温は北日本で平年より1.7℃、東日本で平年より1.5℃、西日本で平年より1℃、いずれも平年よりかなり高くなった。

3~5月 気温高く降水量少ない春

 同日に発表された春(3月~5月)の天候まとめによると、沖縄・奄美では平年並みの天候となったが、北日本、東日本、西日本の広い範囲で、気温が高く、晴れて、降水量の少ない春となった。

最終更新:6/1(木) 17:29
ウェザーマップ