ここから本文です

アメリカで大人気のファストフードチェーン、社長は35歳女性ビリオネア

6/1(木) 20:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

リンジー・スナイダー(Lynsi Snyder)氏(35)は今月、アメリカで有数の人気を誇るファストフードチェーン In-N-Outのオーナーになった。

【画像】In-N-Out社長のリンジー・スナイダー氏

30歳でIn-N-Outの 株式の半分を相続したスナイダー氏は、35歳の誕生日を迎えた5月5日、残り半分も取得、女性としてはアメリカで最も若いビリオネアの1人になった。

In-N-Outは米国6州に324店舗を展開、2013年時点の企業評価額は11億ドル(約1兆2000億円)だった。

祖父母がIn-N-Out第1号店を開いたのは約70年前の1948年。そして、スナイダー氏は7年前に同社の社長に就いた。

スナイダー氏は社長就任後も表舞台に出ることは少なく、取材にも滅多に応じないことで知られる。

しかし今年1月、Iamsecond.comで公開された10分間の動画で、スナイダー氏は4回の結婚、実父の死、そして自身の過去の薬物依存などプライベートを語った。

スナイダー氏の祖父が1976年に死去した後、おじのリック・スナイダー(Rich Snyder)氏が経営を引き継いだが、彼は1993年にプライベートジェット機の墜落事故で命を落とした。

その後、社長に就任した父のガイ・スナイダー(Guy Snyder)氏も、リンジー・スナイダー氏が17歳だった1999年に薬物過剰摂取で亡くなってしまう。

スナイダー氏は2006年、祖母の死を受けてIn-N-Outの経営を承継し、さらに4年後の2010年に社長に就いた。

スナイダー氏の社長就任後、In-N-Outは新たに2州に進出し、現在は計6州で事業を展開している。シンプルなメニューは変えず、ブランドを守っている。

彼女は自身を、几帳面で慎重なリーダーである一方、冒険も好きだと分析。昨年、Orange Coast Magazineに「私は父そっくりで、 ちょっと向こう見ずなところがあります。アドレナリンが流れる感覚が好きで、2歳か3歳のときに父にサーキットに連れて行かれたためか、モーターがついているものを見ると血が騒ぎます」と語った。

彼女はドラッグレース(編集部注: アメリカを発祥とするモータースポーツ。直線コース上で停止状態から発進し、ゴールまでの時間を競う)が大好きで、一時期はアマチュアボクサーを目指していたという。

1/2ページ