ここから本文です

息詰まる試合シーンの撮影を公開! 映画『あさひなぐ』で乃木坂46が薙刀に挑戦

6/1(木) 12:00配信

ぴあ映画生活

人気アイドルグループ・乃木坂46の面々が出演する薙刀(なぎなた)青春映画『あさひなぐ』(英勉監督)の撮影現場が3月末、報道陣に公開された。埼玉県のとある武道館での撮影には、西野七瀬、白石麻衣、桜井玲香、松村沙友理、伊藤万理華、生田絵梨花が参加。スリリングな試合シーンなどが撮影された。

『あさひなぐ』フォトギャラリー

本作は、2014年度に小学館漫画賞を受賞した週刊ビッグコミックスピリッツ連載中の同名人気作が原作。飛ぶ鳥を落とす勢いの乃木坂46のメンバーが、それぞれ完全別キャストで舞台版、映画版に出演するという、制作・配給する東宝にとっても初となる異例のプロジェクトだ。舞台版はひと足早く、齋藤飛鳥を主演に5月20日より上演中。映画版は主役・東島旭役の西野七瀬、宮路真春役の白石麻衣のみ先行してキャストが公開されていたが、30日の舞台上演後に八十村将子役の桜井玲香、紺野さくら役の松村沙友理、野上えり役の伊藤万理華、一堂寧々役の生田絵梨花の出演が発表された。

メンバーの多くは、「その言葉も知らなかった」と言う西野のように“薙刀”という競技にはなじみがなかったようだが、2月には特訓をスタートし、3月上旬にクランクイン。全日本なぎなた連盟の全面協力の下、付きっきりで指導を受けながらほぼ毎日練習したとのことで、取材が行われた3月末には「薙刀は長いので扱いが難しかったけど、やっているうちになじんできた」(白石)、「高貴な武道のイメージだったけど、身近で誰もができるものだった。ちょっとずつできるようになっていく感覚が楽しい」(松村)と、すでに上達著しい様子だ。

この日撮影されたのは、秋季大会での新人戦シーン。白石演じる二ツ坂高校の2年生エース真春と、生田演じるライバル高・國陵高校の1年生エース寧々の試合で、物語の中でもカギとなる息詰まる対決だ。静寂の中、踏み込む足の音が響き渡る。武道館の中には巨大クレーンが用意され、引き、寄りとさまざまな角度からふたりの戦いが収められていく。伊藤が「ただ試合をするのではなく、試合をする演技をするのが難しい」と語るように、カメラの位置やカット割りを意識しながら、一方でしっかりと本気の試合として見せないとならないのは至難の業だ。特に生田はこの日が撮影2日目ということだったが、「長い薙刀がてこの原理でスッと軽くなる瞬間、そういう感覚をだんだん掴めてくる喜びがある」と心強いコメント。このシーンも見事に撮り終え、監督から「OK、良かったねー!」という声がかかると、場内のエキストラからもふたりに大きな拍手が贈られた。

「不安もあったけど、新しいことをゼロから学ぶことにワクワクしている」(西野)、「みんなと一緒に薙刀というひとつのスポーツに打ち込むことで、私たちも団結できる」(白石)と、作品の内容同様に清々しい空気に包まれた撮影現場。「薙刀の奥深さを知り、知らなかったことがもったいないと思うようになった。この映画を通して多くの人に薙刀が広がったらいいな」と桜井が語る本作は、9月22日(金)より全国で公開される。

『あさひなぐ』
9月22日(金)より全国公開
舞台:上演中

最終更新:6/1(木) 12:00
ぴあ映画生活