ここから本文です

「ハレウッド俳優」求む 岡山県がPR動画制作、前野朋哉さん監督

6/1(木) 22:39配信

山陽新聞デジタル

 岡山県は1日、新たなPR動画の制作発表会を東京都内で開き、出演者を公募で決めることを明らかにした。県の魅力を表現した1分以内のオーディション用動画をインターネットで投稿してもらい、俳優の前野朋哉さん(倉敷市出身)が審査、監督を務める。

 県内がロケ地となる映画作品が増えていることもあって、米ハリウッドと「晴れの国」を掛け合わせ「ハレウッド俳優オーディション」と銘打った。

 年齢や居住地を問わず誰でも応募可。撮影した動画を30日までにツイッターやユーチューブなどにアップし、特設サイト内の応募フォームに必要事項を入力する。7月22日の面接を経て選ばれた主演男優、女優各1人に20万8092円の賞金が贈られる。

 県アンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」であった発表会で、伊原木隆太知事は「岡山を映画で売り出したい」と強調。前野さんも「皆さん自分の好きな岡山を持っていると思う。楽しんで撮影してほしい」と呼びかけた。

 PR動画は4本制作し、9月上旬と11月下旬に公開する予定。