ここから本文です

【加計学園問題】一連の“前川発言”は、信用に値しない?

6/1(木) 20:01配信

TOKYO FM+

中西哲生と高橋万里恵がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「クロノス」。5月31日(水)の放送では、加計学園をめぐる前川前事務次官の発言について慶應義塾大学大学院教授の岸博幸さんに話をうかがいました。

学校法人加計学園の獣医学部新設をめぐり、内閣府が「官邸の最高レベルが言っている」「総理の意向」として文部科学省に優先的な対応を求めたとされる問題について、同省の前の事務次官である前川喜平氏が、総理の意向だとする文章が確かにあったと発言。

さらに先日、前川氏は和泉洋人総理補佐官に「総理は自分の口からは言えないから、私が代わりに言う」と言われ、獣医学部新設の対応を早くすることを求められたとも語っています。

岸さんは前川さんの発言について、「まったく信じられないと思います。文書があったかどうかはどうでもいい。あったとしても、書いてある表現が本当に正しいのかという問題があります。(そうした表現は)内閣府も調査しているんですが、正しくないんです。おそらく文科省の下の人間が印象で書いたんでしょう」と真っ向から否定。

そもそも総理が圧力をかける必要があったのか。岸さんは「流出した議事録が書かれたのは去年9月です。先日報道された、官邸の和泉補佐官からプレッシャーをかけられたというのは去年9月。加計学園のライバル、獣医学部を新設しようとした京都産業大学から正式な提案が出されたのは去年の10月なんです。9月の時点では加計学園だけなので、そもそも圧力をかける必要がない」と指摘しています。

その一方、官邸側の姿勢にも問題があるという岸さん。

岸さんは「(官邸は)『調査の結果、文書がなかったので問題がない』と門前払い状態です。(この態度は)信用できますか。自分が調べたところ、(手続きに)おかしなところはなかったと思います。ならばそれを国会で明らかにすべきです。前川さんを証人喚問したり、文科省のペーパーを書いた人間を全員呼んですべての事実を並べればちゃんと明らかになるし、問題なかったという結論になると考えています」と話していました。

(TOKYO FM「クロノス」2017年5月31日放送より)

最終更新:6/1(木) 20:01
TOKYO FM+