ここから本文です

メッシを“同業者”と表現するC・ロナウド「彼のプレイは正直ワクワクする」

6/1(木) 13:00配信

theWORLD(ザ・ワールド)

天才が天才を語る

レアル・マドリードの絶対的エース、クリスティアーノ・ロナウドが、ライバルと謳われるリオネル・メッシを「同業者」だと表現した。

世界最高の2大ビッグクラブに在籍し、リーガエスパニョーラの顔として近年のスペインサッカー界を盛り上げてきたロナウドとメッシ。どちらがより優れたフットボーラーなのかを決するには多くの議論が必要となるが、ポルトガル代表の前者は、アルゼンチン代表の後者について次のような見解を示している。『FOX Sports』がロナウドの言葉を伝えた。

「どんな人間であれ、他の優れた選手の上質なプレイを見たいと思うものだ。リオネル・メッシはもちろんその中のひとりだよ。メッシのプレイをピッチ上から見るのは正直とてもワクワクするんだ。他の突出したフットボーラーと同じようにね」

2人の天才の間には、周囲が考えるような“熱い火花”は存在しないようだ。

「メッシと僕は仲が良いよ。まぁ、彼の家を訪ねて一緒にディナーをするわけじゃないけどね。世間は僕ら2人をライバルのような構図にしたがるけど、僕はそれには賛成できない。あくまで同業者さ」

ネイマールやアントワーヌ・グリーズマン、そしてエデン・アザールなど、彼らを追い抜かさんとする新たなスターは台頭しつつあるが、やはりロナウドとメッシの存在感はいまだにズバ抜けており、まだまだサッカー界を牽引することになりそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp