ここから本文です

道頓堀のグリコサインで佐藤琢磨のインディ500優勝を祝福。渋谷でも!

6/1(木) 20:00配信

motorsport.com 日本版

 大阪・道頓堀川にかかる戎橋のたもとに、有名な電光看板”グリコサイン”がある。このグリコサインはこれまで様々なスポーツとタイアップし、中央の”ゴールインマーク”は阪神タイガースやサッカー日本代表のユニフォームを纏うなどしてきた。そして今回、佐藤琢磨のインディ500制覇を受け、このグリコサインに期間限定で佐藤琢磨が登場。レース直後に見せたガッツポーズが投影されることになった。

写真:東京・渋谷のスクランブル交差点にある”渋谷グリコビジョン”にも、佐藤琢磨が登場

 江崎グリコは2010年から、「夢を追いかけるチャレンジスピリットが企業イメージに合致した」として佐藤琢磨のパーソナルスポンサーを務めており、レーシングスーツに同社のロゴが掲げられるだけでなく、佐藤琢磨が主催するキッズカート大会などのチャリティイベントも支援してきた。

 江崎グリコの広告部担当者は、今回のグリコサインを使った催しについて、次のように語る。

「グリコグループは、佐藤琢磨さんを応援してまいりました。この度、琢磨さんが、インディ500において、日本人初優勝という歴史的快挙を成し遂げられたにあたり、この素晴らしさを皆様に伝えたいとの想いから、我々の持つ道頓堀グリコサインを使ってお伝えしよう、ということになりました」

 佐藤琢磨の映像は、6月7日(水)まで道頓堀グリコサインにて放映。時間は毎日19:45~23:45、15分ごとに30秒の映像が表示されるという。

 また、東京・渋谷のスクランブル交差点にある”渋谷グリコビジョン”にも、佐藤琢磨が登場。こちらも6月7日(水)までの9:00~24:00の間、1時間に10回程度、30秒の映像が流されるという。

 採算や効果を考えるより、その喜びを分かち合おうという江崎グリコ社の姿勢には、頭が下がるばかり。その映像を見れば、モータースポーツファンなら少なからず喜びを感じると思うが、インディ500制覇という快挙を知らぬ人々に対しても、その凄さを強く訴えることになるだろう。そして何より、道頓堀グリコサインという大阪の”シンボル”のひとつとも言える看板に佐藤琢磨が大写しされる光景は、一見の価値があるだろう。

 インディ500で勝つということ。それは、アメリカでは想像を絶するほどの影響力がある。現に佐藤は、レース翌日から引っ張りだこ。祝勝会に出席したのはもちろん、それ以降もニューヨークへ飛び証券取引所を訪れたり、テレビやラジオへの出演をこなしたり……“インディ500ウイナー”として分刻みのスケジュールをこなしている。それだけ今の佐藤琢磨には、世間の注目が集まり、尊敬の念をもって迎えられている。インディ500に勝つというのはアメリカではそういうことなのである。

 日本でも新聞の一面に取り上げられたり、多くのニュース/情報番組が、佐藤のインディ500優勝を報じた。ポータルサイトのトップぺージにも、『佐藤琢磨優勝』の文字が躍った。その佐藤琢磨のインディ500制覇を讃え、江崎グリコが大阪・道頓堀の電光掲示板グリコサインに琢磨を登場させることになったのだ。