ここから本文です

ロナウドの次はベイル像! “全く似てない彫刻”にファンも唖然「まるでニコラス・ケイジ」

6/1(木) 17:10配信

theWORLD(ザ・ワールド)

お世辞にも似ているとは……

彼の彫刻家としての才能には、またしても疑念の目が向けられることだろう。“全く似ていない”クリスティアーノ・ロナウドの彫刻で知られるアーティスト、エマヌエル・サントス氏が、次なるターゲットに選んだのは同じシャツを纏うウェールズ代表のガレス・ベイルである。

[写真]必見! 非難轟々の“ニコラス・ケイジ風”なベイルの彫刻

ベイル? いや、「まるでニコラス・ケイジだ」。サントス氏による最新作を目の当たりにしたファンからはそのような不満も噴出している。今年の3月、ロナウドとは思えない“ロナウド像”を製作し、世界中から批難を浴びていた同氏にとって、ベイル像の製作は名誉回復を図るためのチャンスだったに違いない。しかし、チャンピオンズリーグ決勝戦が催されるウェールズ最大の都市カーディフに設置された同国のヒーロー像は、お世辞にもパーフェクトとは呼べない完成度だ。英『THE Sun』や『Irish Independent』、『Telegraph』などが伝えている。また、『twitter』を含む複数SNSでは今回のサントス氏によるベイル像に対し、次のような声が寄せられた。

「このオッサンは誰だ? まさかベイルじゃないよな?」

「まるでニコラス・ケイジ。なんてことだ」

「映画俳優のダニー・トレホにそっくりだな」

「掘った手間は認める。だが、ベイルではない」

ネガティブな反応が多いものの、今回はロナウドほどの“別人”ではないだろう。同僚が次々とサントス氏の犠牲になる中、カリム・ベンゼマは眠れぬ夜を過ごしているに違いない。

http://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合