ここから本文です

アフガン首都 大使館が集中する地区で爆発、日本大使館員2人けが

6/1(木) 17:00配信

AbemaTIMES

 日本時間5月31日午後、アフガニスタンの首都カブールの中心部で大きな爆発があり、少なくとも80人が死亡、350人以上が負傷した。日本大使館の窓ガラスも割れ、職員2人が負傷した。

 爆発は強力な自動車爆弾によるもので、日本大使館から100メートルほど離れたドイツ大使館の近くで起きた。自爆攻撃だったとの情報もある。

 現場は政府機関や各国の大使館などが集中する地区で、朝の通勤ラッシュの時間帯だった。ロイター通信は保健当局の話として、少なくとも80人が死亡し、350人以上がけがをしたと伝えており、犠牲者の数は今後増える可能性もあるということだ。

 爆発現場から数百メートル離れた建物の窓などにも被害が出ており、日本の外務省によると、大使館の窓ガラスが割れるなどして日本大使館の日本人職員2人もけがをしたという。2人は命に別状はなく、他の職員とともに大使館のシェルターに避難しているということだ。

 犯行声明などは確認されておらず、何を標的にしたものかなど、詳しいことは分かっていない。

(AbemaTV/原宿アベニューより)

最終更新:6/1(木) 17:00
AbemaTIMES