ここから本文です

楽天・則本、G打線から12奪三振で7戦連続2桁Kの日本新! リーグトップ7勝目

6/1(木) 21:37配信

Full-Count

野茂超えの7戦連続2桁奪三振

 楽天の則本昂大投手が1日の本拠地巨人戦で7試合連続2桁奪三振のプロ野球新記録を打ち立てた。8回に坂本からこの日10個目の三振を奪い、2桁奪三振に到達。この時点で野茂英雄氏が近鉄時代の1991年に記録していた6試合連続を超えた。この日は8回6安打12奪三振2失点と好投。チームを3-2の勝利に導き、自身6連勝でリーグトップの7勝目をマークした。

【動画】日本新記録!楽天・則本の7戦連続2桁奪三振達成の瞬間

 右腕は0-0の2回2死満塁の場面で小林からこの日初めて三振を奪うと、3回は脇谷、立岡、坂本と三振に斬り、4回先頭のマギーまで5者連続で三振に仕留めた。直後、村田に先制の2ランを浴びたが、その後は無失点の力投。6回に先頭の阿部からこの日7個目の三振を奪うと、その裏、打線も援護し、アマダーの2ラン、岡島のタイムリー三塁打で逆転に成功した。

 この日初めてリードした展開で則本もエンジン全開。7回に2つの三振を奪って日本記録に王手をかけると、8回先頭の坂本から10個目となる三振をマーク。さらにマギー、阿部と圧巻の3者連続三振斬りを見せた。

 9回は守護神・松井裕樹がマウンドに上がり、リードを死守。則本は日本新記録とともに今季7勝目を手にした。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6/1(木) 21:52
Full-Count