ここから本文です

桜井ら残留表明の北海道、チーム得点王と契約合意「今季以上のパフォーマンスを」

6/1(木) 18:32配信

バスケットボールキング

 レバンガ北海道は6月1日、ダニエル・ミラーとの契約基本合意を発表した。


 211センチ117キロでセンターを務めるミラーは、2014年にジョージア工科大学を卒業し、スペイン、トルコなどのチームでプレー。今季の開幕前に北海道へ加入すると、59試合先発を含む全60試合に出場し、それぞれチーム最多となる825点(1試合平均13.8得点)、509リバウンド(同8.5リバウンド)をマークした。また、99ブロック(同1.7ブロック)を記録してブロックランキング3位に輝いた。

 ミラーはクラブの公式HPで、「2017-18シーズンもレバンガ北海道でプレーできることをとてもうれしく思っています。新シーズンも今季以上のパフォーマンスを披露したいと思っていますので、引き続き応援よろしくお願いします」とコメントした。

 なお、北海道は1日時点で、桜井良太、野口大介、松島良豪、牧全、関野剛平、田原隆徳、川邉亮平の7選手との契約基本合意を発表している。

BASKETBALL KING