ここから本文です

主将の伊藤駿、SR渋谷と契約継続で在籍6年目へ「結果で皆さんに応えたい」

6/1(木) 20:01配信

バスケットボールキング

 サンロッカーズ渋谷は5月31日、伊藤駿との契約継続を発表した。


 ポイントガードでプレーする伊藤は、青山学院大学卒業後の2012年から日立サンロッカーズ(現SR渋谷)に所属。主将を務めた今季は左脚内側靭帯の損傷、右腓腹筋の肉離れのケガに苦しんだが、レギュラーシーズンをとおして先発30試合を含む46試合に出場し、335得点(1試合平均7.3得点)120アシスト(同2.6アシスト)を記録した。

 伊藤はクラブの公式HPで「個人としてもチームとしても結果にこだわり、結果で皆さんに応えたいと思います」と意気込みを語り、「会場でお会いできるのを楽しみにしています!熱い声援お願いします」と呼びかけた。

 なお、SR渋谷は6月1日時点で、満原優樹、広瀬健太、ベンドラメ礼生、清水太志郎との契約継続を発表している。

BASKETBALL KING

Yahoo!ニュースからのお知らせ