ここから本文です

産後うつ予防へ助成 横浜市、産後2週間健診受診

6/1(木) 22:00配信

カナロコ by 神奈川新聞

 横浜市は6月から、産後2週間・1カ月の健康診査の費用助成を始める。産後2週間健診は産婦全員が受診対象ではないが、産後1~2週間ごろから発症するとされる産後うつ防止などのため、受診を促進したい考え。

 市によると、産後1カ月健診は産婦全員が対象だが、2週間は医師が必要と判断した場合などに限られている。これまでは産前健診の補助券を区役所などで配布していたが、新たに産後2週間・1カ月向けとして5千円分の補助券計2枚を配布する。補助券を医療機関に提出すれば健診費から5千円を差し引いた額が自己負担となる。

 市は約3万人の利用を想定しているが、担当者は「産後の初期段階で母子のリスクを把握し支援につなげるため、受診を広く進めたい」と話している。

 6月1日以降に妊娠の届け出をする場合は区役所で母子健康手帳とともに補助券を受け取れる。既に妊娠の届け済みで、6月以降に出産する場合は出産した医療機関で入手できる。問い合わせは市こども家庭課電話045(671)2455。