ここから本文です

田中将大、6回途中7失点で自身4連敗&5敗目 再び乱調、5月6戦で計30失点

6/1(木) 11:37配信

ベースボールキング

○ オリオールズ 10 - 4 ヤンキース ●
<現地時間5月31日 オリオールパーク・アット・カムデンヤーズ>

 ヤンキースの田中将大が5月31日(日本時間6月1日)、敵地でのオリオールズ戦に先発登板したが、6回途中7失点で5敗目(5勝)を喫した。チームは救援陣も打たれ、敵地で大敗を喫した。

 田中は1回、2回とそれぞれ走者を許すも、後続を落ち着いて退け無失点スタート。しかし0-0の3回、一死からの連打で一、二塁とされると、2番ジョーンズに左中間フェンス直撃の先制適時二塁打を浴びた。

 二、三塁とピンチは続き、3番マチャドは空振り三振。これで節目のメジャー通算500奪三振としたが、続く4番トランボには右翼越えの2点適時二塁打を浴び3失点目。さらに5番デービスにも中前適時打を許し、瞬く間に4点を失った。

 直後の4回表に打線が1点を返したものの、エース右腕はピリッとしない。その裏、簡単に二死を奪ったが、9番ハーディに三塁線突破の二塁打を許すと、ここまで2安打の1番スミスには四球。二死から一、二塁と走者を溜めてしまい、先制打を許したジョーンズに右中間席への3ラン被弾。これで7失点となった。

 田中はその後、6回途中まで投げたが、この日は5回2/3を9安打4奪三振2四球7失点の内容。前回登板のアスレチックス戦は8回途中1失点と好投したものの、5月は14日(同15日)のアストロズ戦で8失点するなど、計6登板で30失点(自責点29)。防御率は再び6.34へ悪化した。

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合11/19(日) 3:45