ここから本文です

KinKi Kids、「MTV Unplugged」で13曲披露。7月にMTV&日テレでオンエア

6/1(木) 12:20配信

RO69(アールオーロック)

KinKi Kidsが、昨日31日に豊洲PITにてアコースティックライブ「MTV Unplugged」を行った。

これまで「MTV Unplugged」日本制作としては、宇多田ヒカル、平井堅、長瀬智也、加藤ミリヤ、VAMPSなど総勢31組が出演し、通常のライブとは一味違うパフォーマンスを披露してきた。

ドレッシーな赤い幕に彩られたステージに、KinKi Kidsのライブではおなじみのバンドメンバーがスタンバイ。少し置いて、黒を基調とした衣装でふたりが登場すると、会場から大きな拍手が送られる。最初はどこか緊張した面持ちに見えたふたりだが、“ボクの背中には羽根がある”からスタート。最初のMCでは、光一が「KinKi Kidsは今年20周年を迎えます。今日はいつもと違った形で音楽ができるということで、いつもの我々のライブとは違った雰囲気の中で歌や音楽を届けられたらいいなと思っております」と挨拶。剛も「こういう独特な空間で皆さんと音楽を共有できるのは贅沢」と口をそろえ、トークを展開した。

続いては最新シングル曲“道は手ずから夢の花”を披露。そして、“愛されるより 愛したい”では、この日ならではの艶やかなアレンジで魅了。中盤は、ファン人気の高いアルバム曲を披露。オリジナルとは異なるアレンジの“月光”、そしてバラード“Love is… ~いつもそこに君がいたから~”が続き、ファンは聴き入っていた。

その後のMCでは「もう終盤になりました」という光一の言葉に客席から「えー!」の声が。そして、間髪入れずに「タダで来たんでしょ?」とツッコむ光一と、それをなだめる剛……という掛け合いが行われた。さらに「今日はこういうこと一切言わないようにしようと思ってんだけど、皆さんの顔見たらダメだ」と話す光一に客席は拍手し、剛も「今頃MTVのスタッフさん、(MCが長いことに)困ってるでー」と自虐的な笑いで会場を沸かせた。

“薔薇と太陽”から始まった後半戦では、“やめないで,PURE”や、アコギを抱えて会場の手拍子と共に歌った“全部だきしめて”を披露。クライマックスは、KinKi Kidsの曲で不動の人気を誇る“愛のかたまり”、“もう君以外愛せない”を熱唱した。すべての楽曲を歌い終えると、ふたりは改めて感謝の言葉を届ける。「短い時間でしたが心を込めて歌いました」と笑顔を見せる光一。剛も「皆さん、また会いましょう!」とにこやかに手を振ってステージを下りた。

なお、このライブ模様は2017年7月17日(月)19:00にMTVで放送されるほか、それに先立って2017年7月16日(日)深夜に日本テレビでオンエアされることが決定している。詳細はMTVのサイトをご覧ください。

MTV UNPLUGGED - KinKi Kids
http://www.mtvjapan.com/unplugged-kinkikids/

当日のセットリストは以下の通り。

------------------------------------
1 ボクの背中には羽根がある
2 硝子の少年
3 道は手ずから夢の花
4 愛されるより 愛したい
5 ね、がんばるよ。
6 薄荷キャンディー
7 月光
8 Love is… ~いつもそこに君がいたから~
9 薔薇と太陽
10 やめないで,PURE
11 全部だきしめて
12 愛のかたまり
13 もう君以外愛せない
------------------------------------

RO69(アールオーロック)