ここから本文です

浦和戦で大乱闘の済州、指揮官がコメント「勝利した者にもマナーは必要」

6/1(木) 16:27配信

SOCCER KING

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)ラウンド16・セカンドレグが31日に行われ、浦和レッズは済州ユナイテッド(韓国)と対戦し、延長戦の末に3-0で勝利し、2戦合計スコア3-2でベスト8進出を決めた。しかし、この試合では終了間際とタイムアップ後に乱闘騒ぎが起こってしまい、後味の悪い幕切れとなった。

 乱闘が起きたのは試合終盤。3点目を奪って優位に立った浦和がCKで時間を稼ぐプレーを選択し、この流れから選手同士が揉み合う事態に発展した。さらに試合終了後には敗退した済州の選手やスタッフがピッチに侵入。浦和の選手やスタッフと口論や小競り合いを繰り広げた。

 韓国メディア『スポーツソウル』は済州を率いるチョ・スンファン監督のコメントを掲載。同監督は「Kリーグの期待に応えることができず申し訳ない。さらに成長する機会としたい」と敗戦を謝罪した。

 そして乱闘について「良いプレーと良いマナーを見せることがず、申し訳ありません」と謝罪の意を示しつつ、「負けた者のマナーも必要だが、勝った者のマナーも必要である。浦和の選手の一人が、我々を刺激するようなセレブレーションをベンチの前でした。それに対して我々も反応したのだと思います」と、選手が激昂した理由を明らかにした。

 また、「一方的なものではなく、お互いのアクションがあって起きた出来事だと思う」ともコメントし、浦和の選手にも原因があることを指摘した。

SOCCER KING

最終更新:6/1(木) 16:27
SOCCER KING