ここから本文です

CL前哨戦! ユーベvsレアル、優勝ボーナスが高額なのは…

6/1(木) 22:07配信

ゲキサカ

 3日に行われるUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)決勝。ユベントス(イタリア)とレアル・マドリー(スペイン)がそれぞれが優勝した場合の選手たちへのボーナスを比較する。

 これまで2回の欧州制覇を経験しているユベントス。最後に決勝の舞台に上がったのは2年前で、今大会の準々決勝で対戦したバルセロナに1-3で敗れている。ユベントスは欧州の舞台で、他のどのクラブよりも多く決勝で敗れており、その回数は6回にのぼる。

 スペイン『アス』によると、1995-96シーズン以来の優勝を目指すユベントスの選手たちに対し、アンドレア・アニェッリ会長は優勝ボーナスとして1人当たりに35万ユーロ(約4400万円)、総額で900万ユーロ(約11億円)を準備。直近4回の決勝をいずれも落としているユベントスにとって、巡ってきたチャンスを勝ち取るモチベーションのためには高い金額とは言えないかもしれない。

 一方、昨季王者のレアルは欧州CL史上初の連覇を懸けた戦いとなる。昨年の決勝はアトレティコ・マドリーとの2度目の“CL決勝マドリード・ダービー”となり、1-1のまま突入したPK戦を5-3で制した。

 スペイン『マルカ』によれば、史上初の快挙に向けてクラブが選手たちに提示したボーナスは150万ユーロ(約1億9000万円)。昨季の70万ユーロ(約9000万円)から倍以上のジャンプアップとなり、ユーベの35万ユーロと比較すると約4倍以上の金額になる。

 欧州CL史上初の連覇という少ない機会をものにするために、レアルは破格のボーナスを設置。決勝に挑むモチベーションはレアルに分があるのかもしれない。

最終更新:6/1(木) 22:07
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報