ここから本文です

川崎船社長の再任暗雲-昨年総会で反対のエフィッシモが買い増し

6/1(木) 0:00配信

Bloomberg

国内海運3位の川崎汽船が6月に開催する株主総会では、村上英三社長が取締役として再任されるかが焦点となる。前期(2017年3月期)決算は2期連続赤字で、規模で過去最大を更新した。筆頭株主のファンドなどが村上社長の取締役再任に昨年と同様反対票を投じる可能性がある。

総会で取締役選任議案は投票数の過半を確保することが必要となる。昨年の総会では他の取締役の選任議案への賛成率が90%を超える中、村上氏再任の議案だけが56.88%と際立って低かった。筆頭株主の投資ファンド、エフィッシモ・キャピタル・マネージメントなどが反対票を投じたため。

旧村上ファンド出身者が設立したエフィッシモはシンガポールに拠点を置く。同社の公開資料によると、ファンドの資金提供者は大半が海外の機関投資家で構成されている。現在は、東芝やリコー、第一生命ホールディングスの筆頭株主でもある。昨年3月末のエフィッシモの保有分は29.71%で、他の株主にも同調者が出た。エフィッシモはその後も川崎船株を買い増しており、今年4月6日時点で38.43%を保有している。

川崎船の株価とエフィッシモの保有株式数

川崎船の村上氏は15年4月に副社長から社長に昇格。事業環境の悪化や特別損失などにより前期は1395億円の純損失を計上。決算と同時に発表した新中期経営計画では今後、市況の回復が見込め、合理化や構造改革で黒字転換するとの見通しを示した。鳥山幸夫常務は決算発表会見で、今後3期連続の黒字に自信を表明した。

コンテナ事業次第

シティグループ証券の姫野良太アナリストは、中期計画については投資を抑制し、財務基盤強化に重きを置くなど一定の評価ができるとコメントした。利益面では「現実的には他の海運会社とこれから始めるコンテナ船合弁事業次第のところもあり、長期的には見通しにくい側面もある」と話した。

エフィッシモが昨年2月に公開した資料では、投資対象企業の当期株主資本利益率(ROE)、次期予想ROEともに8%未満の場合、取締役の再任に原則賛成しないと明記。中長期的にROE8%以上を目指す経営計画が示され、合理的な説明が得られた場合はこの限りではないとしている。ブルームバーグの取材に対し、エフィッシモは、今年もROE8%を基準とする方針に変更はないと電子メールで回答した。

1/3ページ

最終更新:6/1(木) 9:34
Bloomberg