ここから本文です

低金利で起債9年ぶりハイペース、6月はアサヒ2500億円発行へ

6/1(木) 8:47配信

Bloomberg

5月の国内社債は、低い資金調達コストや今後の償還増、少しでも高い利回りを求める投資家の動向を背景に、起債額が1兆円を超えた。今年度入り後の2カ月間では1兆9820億円となり、過去9年で最高となった。

ブルームバーグのデータによると、4月から5月にかけてブリヂストンが1500億円、トヨタ自動車、楽天、損害保険ジャパン日本興亜が各1000億円などを発行した。6月も大型起債が予定されており、事情に詳しい複数の関係者によると、アサヒグループホールディングスは来週にも2500億円程度の社債を発行する。

SMBC日興証券によると今年度の社債償還は前年度より約1兆円増の約10兆円となり、社債発行額は10兆5000億円を予想している。2016年度は過去最高の11兆5000億円だった(ブルームバーグのデータ)。

大和証券の大橋俊安チーフクレジットアナリストは、米国金利の低下に引きずられる形で、国内金利が想定より低位で推移しており、「プラスアルファの得られるクレジット物への需要が喚起された」と指摘。日本国債の金利上昇を待つ投資家による社債投資が「発行を増やしたのではないか」とみている。債券の代表的な運用指標となっているNOMURAーBPIの国内社債の平均利回りは現在0.28%。昨年7月に過去最低の0.09%を記録した後、昨年11月後半以降は0.25-0.30%圏を中心に推移しているものの、日銀がマイナス金利導入を決める前の水準には達していない。

6月も大型発行

6月は2500億円規模の起債をするアサヒGHのほか、デンソーが700億円、NECが600億円程度、三井住友トラスト・ホールディングス400億円と北海道電力の300億円などが予定されている。

東日本大震災以降、6年半ぶりに起債した東京電力グループも新たに700億円発行する予定。大橋氏は、同グループでは年間で6000億円程度の償還があり「全部でなくても半分ぐらい社債での借り換えを期待してもいい」と注目している。

第2段落を加筆しました.

Komaki Ito, Finbarr Flynn

最終更新:6/1(木) 12:23
Bloomberg