ここから本文です

中国、人民元の弱気派を踏みつぶす-金利大幅上昇でコスト急増

6/1(木) 14:21配信

Bloomberg

中国が為替トレーダーやストラテジストに厳しい教訓を与えようとしている。人民元の下落に賭けるなというメッセージだ。

1日のオフショア人民元は上昇し、7カ月ぶりの高値となっている。前日は一時1.2%急上昇した。銀行間金利の大幅上昇でショートポジションのコストが押し上げられ、弱気派が音を上げた。

オフショア人民元の対ドル相場はこの数カ月狭いレンジ内で推移していたが、米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスが5月24日に中国の格付けを引き下げたことを受け、それに反発するかのように大幅上昇に転じた。中国は格下げを「全く根拠がない」として不快感を示している。

中国人民銀行(中央銀行)は人民元の中心レートを連日のように引き上げ、先行きを悲観的にみるトレーダーへの対決姿勢を取ってきた。先月26日には中心レートの設定方法変更を検討していると発表。今後の動きを予想する上での複雑さが増した。

ソシエテ・ジェネラルの新興市場通貨戦略責任者ジェイソン・ドー氏(シンガポール在勤)は「ムーディーズによる格下げに加え、設定される元の中心レート水準をスポットレートが下回ってきたことが、当局による中心レート設定メカニズム変更につながった。当局が市場に介入している可能性もある」と述べた。

上海時間午前10時18分(日本時間同11時18分)現在、本土市場の人民元は0.4%高の1ドル=6.7935元。人民銀に人民元に関する質問のファクスを31日に送ったが、これまでに返答はない。

原題:China Crushes Yuan Bears, Snubs Moody’s as Currency Takes Off(抜粋)

Helen Sun, Molly Wei, Emma Dai

最終更新:6/1(木) 14:21
Bloomberg