ここから本文です

【シュートボクシング】海人が挑発「鈴木選手は本物のエースではない」

6/2(金) 11:53配信

イーファイト

 6月16日(金)東京・後楽園ホールにて開催される格闘技イベント『SHOOT BOXING 2017 act.3』でSB世界スーパーライト級王者・鈴木博昭(ストライキングジムAres)と対戦するSB日本ライト級1位・海人(TEAM F.O.D)の試合直前インタビューが、主催者を通して発表された。

【フォト】4月大会でザカリア相手に善戦した海人

 4月の後楽園大会ではS-cup65kg世界トーナメント2016優勝ザカリア・ゾウガリーに判定で敗れはしたが、ザカリアの猛攻を凌ぎ、逆に追い込む場面を見せた海人。「試合前、自分的にはもっと強いんだろうなとは思ってました。でも実際にやってみるとそうでもなくて、試合中に対応できる強さだと思えたので予想していた通りの強さでした」とザカリアの印象を語る。

 負けはしたが「前向きに考えられる試合内容でした。いきなりS-cup世界王者とやれたことも良かったですし、ここから這い上がっていこうという気持ちにもなりました」とすでに気持ちは切り替わっている様子。

 今回迎えた鈴木との新旧エース対決については「鈴木選手とはずっとやりたいと思っていて、いつかはやる相手だと思ってました。前回、(ザカリアに)勝ったら次は鈴木選手とやらせて下さいと言うつもりだったんです。対戦するのは早ければ早いほどいいと思ってました」と以前から鈴木とは対戦したかったという。

「自分よりもキャリアは上の選手なので、とりあえずこじ開けていきます。身体が頑丈でどんな攻撃も効かないというので、ボディも足も全箇所を攻めて倒しにいきます」と打倒鈴木に自信。

 前回、鈴木は山口裕人との対戦が決定した後、ヒジありルールを要求しヒジが認められた一戦となった。「今回も鈴木選手がヒジありを要求したら全然OKします。僕はヒジ打ちが好きなので練習では取り入れています。自分的には色んな技を得意なものにしていきたいので、ムエタイの試合映像も見て首相撲やヒジ打ちも勉強しています」とヒジありルールでも問題ないと海人。

 最後に「僕が新しいSBのエースになりたいと思いますし、鈴木選手は本物のエースではないと思うんですよ。自分がエースになってどんな相手でも勝っていきます。鈴木選手は周りからはエースだと言われていますが、誰もが認めるようなしっくりくる試合内容や結果を収めているわけではありません。あと、S-cupトーナメントでは一回戦で勝ちましたが、途中棄権して優勝することが出来ませんでした。誰もが認める存在が真のエースではないでしょうか。他からも自分がSBのエースだと認めてもらえるように、どんな選手が相手でも勝っていくだけです」とした。

最終更新:6/2(金) 11:53
イーファイト