ここから本文です

プレミアでの失意から完全復活のファルカオ、モナコと2020年までの契約延長に合意

6/2(金) 8:08配信

GOAL

モナコは、FWラダメル・ファルカオと2020年までの契約延長に合意したと発表している。

マンチェスター・ユナイテッドとチェルシーで失意の2シーズンを送り、モナコに復帰したファルカオだが、当初、同選手に対する期待は決して大きいものではなかった。しかし、コロンビア代表FWは、29試合で21ゴールと本来のフォームを取り戻し、2000年以来のリーグタイトル獲得に大きく貢献。さらにチャンピオンズリーグでもマンチェスター・シティやドルトムントを撃破するなど、準決勝進出の快進撃を続けたチームを支えていた。

ファルカオは「ASモナコで冒険を続けられ、とてもハッピーだ」とクラブと契約延長に至った喜びを語った。続けて「この素晴らしいシーズンを送った後、僕の願いはただ一つ。この美しいストーリーが末永く続くことだ。目標達成のために全力を尽くし、来季も素晴らしいシーズンを送れることに自信を持っている」と来季を見据えている。

レオナルド・ジャルディム監督率いるチームにおいて、ファルカオはベテラン選手としての役割を全うした。前線でコンビを組んだキリアン・ムバッペは「僕は一番幸運な選手だと思う。なぜならここでキャリアをスタートし、ラダメルのようなトップストライカーと一緒にプレーできた。彼はこれまでに本当に多くのゴールを挙げ、歴史に名を刻んでいる選手だ」とチームキャプテンを絶賛している。

早くもマンチェスター・Cにベルナルド・シウバを引き抜かれるなど、慌ただしいオフシーズンを送っているモナコだが、ファルカオの契約延長は他クラブが食指を伸ばす若手スターたちの動向に影響を与える可能性がある。

GOAL

最終更新:6/2(金) 8:08
GOAL