ここから本文です

英語で道を尋ねられても「ひるまない」対応力養成講座 渋谷で開講へ /東京

6/2(金) 1:15配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 英語で道を尋ねられても「ひるまない」対応力養成講座が6月8日、渋谷で開かれる。主催は、シブヤ経済新聞とインバウンド事業に取り組むジェイノベーションズから成る「英語で渋谷を変えるプロジェクト(仮)」。(シブヤ経済新聞)

 渋谷のラジオの番組「渋谷のZINE」で共演するシブヤ経済新聞の西樹編集長とジェイノベーションズ社長の大森峻太さん。「数年前、渋谷で観光案内所を試行的に運営した際、多くの外国人観光客から『渋谷は思った以上に英語が通じない』『道を聞こうと近寄ろうとすると逃げてしまう』と言われた」と話す西編集長に対し、「今も状況はあまり変わらない」と大森さん。外国人サイドの視点に立つと、路上で道を尋ねた際、英語が話せなくてもいいから「とにかく逃げないでほしい」という思いが何より強いという。

 2020年に向け、渋谷を訪れる外国人観光客も、さらなる増加が見込まれる。そうした中、「せっかく渋谷に来てもらったのだから、英語が流ちょうに話せなくても、まずは『逃げない』姿勢が大事」と考えが一致。「ひるまない」マインドづくりと道案内レベルの英会話のレクチャーを組み合わせた講座を企画した。当日は、インバウンド事業で実績のあるジェイノベーションズのスタッフが講師を務めるほか、外国人スタッフを相手にロールプレーイングも予定する。

 会場はシブヤ経済新聞メディアラボ(渋谷区渋谷3)。開催時間は19時~21時(交流会含む)。初回はサンプル講座となるため受講無料。現在、申し込みを受け付けている。

みんなの経済新聞ネットワーク