ここから本文です

井浦新×瑛太、狂気の化学反応…『光』劇中写真公開

6/2(金) 7:00配信

cinemacafe.net

『まほろ』シリーズや『舟を編む』の原作者・三浦しをん最大の問題作を、大森立嗣監督が映画化する『光』。このほど、25年前におきた殺人事件の秘密をめぐるサスペンスから、井浦新、瑛太、長谷川京子、橋本マナミの鬼気迫る熱演が垣間見られる場面写真が一挙に解禁となった。

【写真】井浦新&瑛太/『光』場面写真

東京の離島、美浜島で暮らす中学生の信之は、同級生の美花と付き合っている。ある日、島を大災害が襲い、信之と美花、幼なじみの輔、そして数人の大人だけが生き残る。島での最後の夜、信之は美花を守るため、ある罪を犯し、それは2人だけの秘密になった。それから20年。妻(橋本マナミ)とひとり娘と共に暮らしている信之(井浦新)の前に輔(瑛太)が現れ、過去の事件の真相をほのめかす。信之は美花(長谷川京子)を守ろうとするが…。

東京の離島・美浜島で暮らす少年たちに突然襲いかかった天災。直後に発生した津波の猛威は、島での暮らしと共に、彼らだけが知る“ある秘密”をも飲み込んでしまった。そして25年の月日が経ち、舞台は東京へ。大人になった彼らのもとに、消え去ったはずのあの“秘密”が訪れる。過去の秘密が新たな秘密を生み出し、関わる人間たちを追い込み、本性をむき出しにさせる。

大人になり東京で美しい妻と可愛い娘と、どこにでもある幸せな家庭を手にし、平穏に暮らす信之役には、井浦さん。その信之の元に25年ぶりに現れ、島で起きた秘密をほのめかす島の幼馴染の輔役には瑛太さん。かつて信之と交際し、そして大人になったいま、女優として大きな成功を収めている美花役には長谷川さん。そして、夫である信之にある秘密を抱えている美しい妻・南海子役を橋本さんが演じる。

「最も化学反応を起こせたのが瑛太くんでした」と語る信之役の井浦さん。「彼と芝居がしたいと前々から大森監督に言っていた分、この座組でナニかが起きないわけがないとは思っていましたが、彼のポテンシャルは想像以上、互いに後ろを顧みない変化球なしの真っ向勝負の連続は、どのシーンも何が起きるか、どこに向かうのか、まったく予測なんてできません。芝居が終われば心には辛さが残りましたが、微かに全部出し切った心地良さもありました」と、その手応えを熱く語る。

一方の瑛太さんも、「もともと大好きだった井浦新さんとの共演はとにかく刺激的で芝居の新たな面白さを教えていただいた。新さんが演じる信之の内側にある凄まじい熱量と冷酷さは、原作、台本を超越していた」と語っており、お互い望み続けた共演が本作にて実現し、計り知れない化学反応が巻き起こっている様子だ。

届いた場面写真からも、井浦さんの冷たい熱情、瑛太さんが見せる優しい怪物性、長谷川さんが体現する狂気と美、橋本さんのどこか疲弊したような母性と色気が、ひしひしと伝わってくる。過去の秘密により、4人の本能が徐々に剥き出しにされていく本作。これらの写真から、その狂気を感じ取ってみて。

『光』は11月下旬、新宿武蔵野館、有楽町スバル座ほか全国にて公開。

最終更新:6/2(金) 7:00
cinemacafe.net