ここから本文です

【K-1】ゲーオに挑戦する野杁正明が絶対の自信「負けるイメージがない」

6/2(金) 19:09配信

イーファイト

 6月18日(日)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナにて開催される格闘技イベント『K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント~』に出場する野杁正明(K-1ジムEBISU小比類巻道場)が6月2日(金)都内で公開練習を行った。野杁はゲーオ・ウィラサクレック(タイ)が保持するK-1 WORLD GPスーパー・ライト級タイトルに挑戦する。

【フォト】キレのある野杁の右ストレート

 シャドーボクシングとパンチのみのミット打ちを2分1Rずつ行い、好調をアピールした野杁。ボクシング新トレーナーのカレロ・エルナンデス・バロディアから指導を受け、「1から学んだことで今までのような一発だけでなく、連打で打てるようになったことがプラスになっているので、今度は進化した姿を見せられると思う」とボクシングテクニックの向上で新・野杁を見せたいという。

 ゲーオとは昨年6月に行われた「K-1 WORLD GP 2016 -65kg(スーパー・ライト級)世界最強決定トーナメント」の準決勝で対戦し、接戦の末に判定0-3で敗れてしまった。「今回はパンチにも自信が付いてKOできるパターンも増えました。負けるイメージがありません」とリベンジに自信を見せる。

 念願のK-1王座獲得まであと一つと迫り「小さいころからK-1チャンピオンになることが目標で空手、キックボクシングをやってきました。今までの集大成を見せたい」といい、「獲ったことがゴールではありません。獲ってからがスタート。世界には65kg級で野杁でも難しいと思われる強い選手はたくさんいるので、そういう選手を相手に防衛をクリアーしていって、絶対王者になりたい」とした。

最終更新:6/2(金) 19:09
イーファイト