ここから本文です

岩田剛典らが「CINEMA FIGHTERS」プレミア上映に登壇、HIROの誕生日を祝福

6/2(金) 0:17配信

映画ナタリー

EXILE HIRO率いるEXILE TRIBEとショートショート フィルムフェスティバル&アジア(SSFF & ASIA)のコラボ企画「CINEMA FIGHTERS」の舞台挨拶付きプレミア上映が、6月1日に東京・ヒカリエホールにて行われた。

【写真】EXILE HIRO(他35枚)

「CINEMA FIGHTERS」は、作詞家・小竹正人が手がけたLDHの楽曲を映像化するプロジェクトで、短編映画6本が製作された。HIROは「素晴らしい監督とキャストで映像化していただいて、面白い作品ができたので今から観ていただくのが楽しみです」と挨拶。「パラレルワールド」の監督を務めた河瀬直美は「映画祭の役目として映画を観せるだけじゃなくて、作ることにチャレンジしていくというのは素晴らしいと思います」とこの企画を称賛する。

「終着の場所」でメガホンを取った常盤司郎は「町田啓太さんと玄理さんと、とことん恋愛の話をして作った、悔いのない内容に仕上がっています」と自信を見せる。オール新潟ロケの「SWAN SONG」を監督した落合賢は「雪国で撮影したので、本当にハードで。吹雪の中を歩くシーンで、ものすごく寒い中を長回しワンテイクで撮影したのにほとんどカットしちゃいました」と明かす。主演を務めた岩田剛典は「1mくらいある深雪の中を歩いたので、本当に過酷で。一歩一歩踏みしめながら監督を恨んでましたね」と振り返りながらも、「現実離れした世界観の中に飛び込ませていただいて楽しく撮影できました」と笑顔で感想を述べた。

「色のない洋服店」で主演を務めたDream Amiは「自分の中で、演技に対して苦手意識があったんです。でも1つひとつに新鮮な気持ちで挑んだら、演技の世界も楽しいなと思いました」と語る。「Snowman」に出演した鈴木伸之(劇団EXILE)は倍賞美津子との共演について「倍賞さんと2人でお芝居を作っていけることなんてないので、僕の中で財産になりました」と吐露。「キモチラボの解法」に出演したAKIRA(EXILE、EXILE THE SECOND)は、「感情を売る“マイスター”の役で、独特な世界観の中で楽しませていただきました」と話す。「パラレルワールド」の石井杏奈(E-girls)は「台本がなくてほぼアドリブだったので、心臓バクバクでした」と回想し、共演した山田孝之が「33歳のおじさんが制服を着て……最初ドッキリなのかなと思いました」とぼやくと会場は笑いに包まれた。

最後に河瀬が「今、何歳ですか?」とHIROに尋ねると、HIROは「今日が48歳の誕生日なんですよ」と返答。すると、観客と登壇者が「ハッピーバースデー! HIROさん!」と歌い出す。HIROは恥ずかしそうに「河瀬さんと僕は同い年なんですよ」とコメントし、和やかな雰囲気のままイベントは終了した。

「CINEMA FIGHTERS」は、今秋劇場公開予定。

※河瀬直美の瀬は旧字体が正式表記

ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2017
2017年6月1日(木)~25日(日)
東京都 表参道ヒルズ スペース オー、ラフォーレミュージアム原宿、アンダーズ 東京 アンダーズ スタジオ、iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズ、Act square
神奈川県 ブリリア ショートショート シアター
料金:無料 ※一部のイベントを除く

最終更新:6/2(金) 0:17
映画ナタリー