ここから本文です

何かと話題の「内閣府」 いったい何で注目されているの? 「加計学園」「教育無償化」をおさらい

6/4(日) 7:00配信

withnews

 縦割りの行政をなくすために生まれた内閣府ですが、加計学園の問題では現在、渦中の存在になってます。何が問題になっているのか? 実は加計学園以外にも、自民党の看板議員、小泉進次郎氏が「教育の無償化」の財源問題で発言するなど、最近の大きめなニュースでしばしば登場します。内閣府の今について超解説します。

【動画】謎の組織「内閣府」がよくわかる動画 だいたい90秒で「超解説」

「特区」って何?

 超解説するのは朝日新聞政治部の松村愛デスクです。

Q:加計学園の問題で、内閣府が話題になっています。

A:「国家戦略特区」ですね。安倍内閣は成長戦略の一環として、自治体を全国一律のルールで縛るのをやめ、地域を限定して大胆に規制緩和する「国家戦略特区」を打ち出しました。


Q:「特区」って何?

A:「東京圏」「関西圏」など全国10地域が指定され、外国人による家事支援サービスや企業による農地の取得などができるように規制をゆるめました。その一つが、学校法人「加計学園」が愛媛県今治(いまばり)市につくることが認められた大学の獣医学部。

文部科学省を押し切った?

Q:なにが問題になっているの?

A:「国家戦略特区」を担当するチームは、経済産業省などから出向している職員が集まっています。獣医師の増えすぎを抑えるために新規の開学を認めてこなかった文部科学省を押し切る形で決まりました。獣医学部の新設は、半世紀ぶりです。


Q:なんで押し切ることに?

A:加計学園の理事長は安倍晋三首相の親しい友人です。報道や国会で明らかになった文書には、特区を担当する内閣府の審議官らが、獣医学部の新設について、学部の設置を検討していた文部科学省に「官邸の最高レベルが言っている」「総理のご意向」と言った、という内容が記録されていました。

丁寧な手続きなしに決定

Q:文書の問題点は?

A:国家戦略特区の制度をつくるのも、指定の詳細を決めるのも、内閣の意向を体する内閣府のほう。丁寧な手続きを経ずに、獣医学部の設置が決まっていたのではないかと話題になっているのです。


Q:丁寧な手続きがすっ飛ばされた?

A:2012年12月に就任した安倍首相の在任期間が長くなり、安倍首相が総裁を務める自民党は衆院でも参院でも「1強」と言われる状態。官邸が幹部公務員の人事を握ったり、自民党の中ですらも首相の意向に公然と反対しづらい空気ができたりしているなかで、内閣府のような組織を通して、首相官邸の意向を省庁に押しつける形になっているのだとしたら問題です。

1/2ページ

最終更新:6/4(日) 7:00
withnews