ここから本文です

【インドネシア】JOIN、イオンの都市開発に50億円出資

6/2(金) 11:30配信

NNA

 日本企業の海外インフラ事業参入を支援する半官半民の海外交通・都市開発事業支援機構(JOIN)は5月30日、イオンモールがインドネシアの首都ジャカルタで手掛ける商業施設開発事業に参画するため、50億円を出資すると発表した。国交相の認可も同日取得した。
 イオンモールは、ジャカルタ東部チャクン地区の複合開発地域「ジャカルタ・ガーデン・シティ」で、中核となる商業施設イオンモール2号店の建設と近郊の鉄道駅に接続する巡回バスのロータリー整備・運営や緑地整備を行っている。2号店は今年9月にもオープンの予定。
 ジャカルタ・ガーデン・シティは、公共交通機関の利用を前提にした街づくりを進めるTOD(公共交通指向型都市開発)で、ジャカルタで深刻な交通渋滞解消が期待されている。
 JOINは、この事業の他に、テナントや建設工事を請け負う日本企業の海外展開も支援するとしている。

最終更新:6/2(金) 11:30
NNA