ここから本文です

DDS、Interop Tokyo 2017のアライドテレシスブースにEVE FA/EVE MAを展示

6/2(金) 16:06配信

BCN

 ディー・ディー・エス(DDS、三吉野健滋社長)は、6月7日、8日、9日に開催される「Interop Tokyo 2017」のアライドテレシス(大嶋章禎社長)ブースに、改正個人情報保護法に対応した認証ソリューション「EVE FA/EVE MA」を展示すると発表した。

 5月30日施行の改正個人情報保護法では、従来の大規模個人情報取扱事業者を対象とした5000人要件が撤廃されたことで、すべての個人情報取扱事業者が改正法の適用を受けるようになった。これにより、個人情報取扱事業者は各府省庁などが策定するガイドラインにしたがった運用を実施する必要があり、システム上のセキュリティを強化する必要に迫られることになる。

 また、教育分野では情報漏えい対策として校務系と学習系のネットワーク分離、アクセス制限、そして生体認証を含む二要素認証の導入が推奨されており、アライドテレシスの「Secure Enterprise SDN(SES)」との連携ソリューションであるDDSの二要素認証ソリューション「EVE FA」が、このセキュリティ強化対策に最適となっている。

 ブースでは、個人情報の取得・保管の各フェーズで、取り扱いガイドラインの順守に必要な運用をサポートする機能を確認できる。指紋認証、ICカード認証、パスワードの任意な組み合わせによる二要素認証ソリューションの認証精度・スピードや、連携機能を体感できるとともに、企業が抱えるさまざまな課題に対して最適なセキュリティ・ソリューションを紹介する。

最終更新:6/2(金) 16:06
BCN