ここから本文です

【スーパーGT】ジェンソン・バトン「昨年走って興味がわいた。日本で走るのが楽しみ」

6/2(金) 16:52配信

TopNews

無限(株式会社M-TEC)は「2017年 AUTOBACS SUPER GT Round 6 第46回インターナショナル SUZUKA 1000km “SUZUKA 1000km THE FINAL”」 (決勝8月27日日曜日。以下、鈴鹿1000km)に、マクラーレン・ホンダのドライバーであるジェンソン・バトンの起用を決定した。

●【ホンダF1】ジェンソン・バトン「楽しい!!」もてぎでSUPER GTをテスト 画像と動画を追加

■3名体制で臨む

2017年SUPER GTシリーズGT500クラスにNSX-GTで参戦中のTEAM MUGEN(チーム・ムゲン/監督:手塚 長孝)は、レギュラードライバーの武藤 英紀と中嶋 大祐にバトンを加えたドライバー3名体制で鈴鹿1000kmに臨む。

なお、バトンは、6月6日(火)・7日(水)に鈴鹿サーキットにて行われるタイヤテストに参加する予定だ。

鈴鹿1000kmは、1966年から続く国内で最も長い歴史を誇る自動車レースだが、今年が最後の開催となり、2018年からは新たな耐久レースが開始される。

■ジェンソン・バトンのコメント

「昨年12月のHonda Racing THANKS DAYでNSX CONCEPT-GTをドライブし、実際にレースに興味がわきました。Hondaと一緒に話し合った結果、鈴鹿1000kmに出場できることになり、とてもうれしく思います。

F1ドライバー、そしてTEAM MUGENの一員として貢献し、勝利を目指したいと思います。日本のファンの皆さんの前で再びレースができることを本当に楽しみにしています」

■TEAM MUGEN 手塚 長孝監督のコメント

「今回、TEAM MUGENに力強い味方としてジェンソン・バトン選手を迎えられることになり、大変うれしく思います。F1世界チャンピオンとしての素晴らしい走りを鈴鹿サーキットで見せてくれることと期待しています。

今年で最後となる鈴鹿1000kmでTEAM MUGENらしい勢いのあるレースができるよう、武藤選手、中嶋選手、バトン選手とともに、一丸となって取り組みます。ご声援のほどよろしくお願いします」

最終更新:6/2(金) 16:52
TopNews

Yahoo!ニュースからのお知らせ