ここから本文です

赤字法人率、全国2番目の低さ 15年度沖縄61%、最低は青森

6/2(金) 8:30配信

琉球新報

 東京商工リサーチ沖縄支店は1日、2015年度の都道府県別赤字法人ランキングを発表した。同年度に沖縄県内で申告があった法人数2万1511社に対して赤字法人数は1万3233社で、赤字法人が占める割合(赤字率)は前年度から1・03ポイント下がって61・52%となり、全国で2番目に低い割合となった。


 赤字率が最も低かったのは青森の61・44%で、最も高かったのは徳島の76・18%だった。

 14年度と比較して県内の法人数は757社増加して、伸び率は3・65%と4年連続で全国トップ。赤字法人数は14年度から252社(1・94%)増加しているが、全体の法人数の増加幅が大きいため、赤字率は4年連続で低下した。

 同支店は「公共・民間需要の拡大基調から建設業や製造業、情報通信業などで起業の動きが活発化している」と分析した。その上で「(沖縄は)起業意欲が高く活気がある県と言える。16年度もこの傾向は続くだろう」と指摘した。ランキングは同支店が国税庁の税務統計を基にして作成している。

琉球新報社

最終更新:6/2(金) 10:00
琉球新報