ここから本文です

松山「師匠」赤ゴジラに見せた完璧弾 カープ連勝ストップも…納得の一打

6/2(金) 6:03配信

デイリースポーツ

 「交流戦、西武4-2広島」(1日、メットライフドーム)

 広島の松山竜平外野手(31)が“十亀キラー”ぶりを発揮。二回、スライダーを捉え、右翼席に運ぶ2号2ランを放った。これで対十亀は通算9打数4安打で打率・444、3本塁打だ。しかし逆転負けで勝利にはつながらず、チームの連勝は「7」でストップ。空砲にはなったものの、アンパンマンにとっては次戦以降へ弾みがつく一発となった。

 バスへと続く長い階段を上がりながら、松山は言った。「積極的に振りにいって、自分のスイングができた。(自分に)甘いかもしれないけど、いい打ち方だったと思う」。膝元への投球に、うまく体を回転させた。十亀から放った2号2ランは、納得の一撃だ。

 0-0の二回1死一塁。内角へのスライダーをすくい上げた。バットから白球がはじき返された瞬間、球場にいた誰もが柵越えを予感したほどの完璧な当たりだった。これで十亀との対戦成績は9打数4安打で打率・444、3本塁打。“十亀キラー”ぶりを発揮して、指揮官の起用に応えた。

 西武戦は、特に燃えるものがある。相手ベンチには「師匠」と慕う嶋打撃コーチがいる。チームメート時代には弟子入りを志願し、沖縄・石垣島での自主トレで打撃指導を仰いだ。「すべてにおいて僕の師匠と言える存在です」。同じ左打ち。首位打者に輝いた赤ゴジラに魅了され、その背中を追いかけ続けた。この3連戦中には「打撃の状態はいいと思うから続けていけ」と声を掛けられたという。何よりもうれしい一言。エールを力に変えないはずはなかった。

 メットライフドームは、忘れられない場所でもある。11年に涌井(ロッテ)から決勝打となるプロ初本塁打を放ち、お立ち台で人目もはばからず涙した。14年は一転、悪夢が襲う。飛球を追いかけ右翼フェンスに激突し、左前十字靱帯(じんたい)を損傷して長期離脱を余儀なくされた。「いろいろな出来事がありましたね」。この日、チームは逆転負けを喫し、連勝が「7」で止まった。それでも納得のアンパンチは、2日からのロッテ3連戦(マツダ)につながる大きな一発になったはずだ。

 前日は堂林が1号3ラン。DH制が採用され、出場機会が増える交流戦においてアピールに成功した。ライバルの存在にも「とにかくいい準備をするだけ」と自然体を強調する。平常心でいつも通りに-。その先に明るい光が待っている。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/26(月) 1:15