ここから本文です

マンCがエデルソン獲得、移籍金はGK史上2番目の高額に

6/2(金) 9:32配信

ISM

 マンチェスターC(イングランド)が現地時間1日、ベンフィカ(ポルトガル)からGKエデルソン(23)を獲得した。

 エデルソンの移籍金は4000万ユーロ(約50億円)。これは2001年にジャンルイージ・ブッフォンがパルマからユヴェントス(以上イタリア)に移籍した際の金額に次いで、GKとしては史上2番目の額となっている。

 ベンフィカの発表によれば、移籍金の半分はエデルソンの古巣リオ・アヴェ(ポルトガル)などの、第三者へと支払われるとのこと。

 マンCでは、トリノ(イタリア)にレンタル移籍していたジョー・ハートの退団が見込まれ、ウィリー・カバジェロは契約満了。クラウディオ・ブラボは、プレミアリーグになじめず期待外れに終わり、GKの補強が急務となっていた。

 エデルソンは16歳でベンフィカに加入し、一度は同クラブを離れるも2015年に復帰。今シーズンは途中から正守護神の座を掴み、チームの国内リーグとカップ戦の2冠に貢献。チャンピオンズリーグでも、ドルトムント(ドイツ)戦でPKをストップするなどの活躍を見せた。また、前月発表されたブラジル代表メンバーにも選出されている。(STATS-AP)

最終更新:6/2(金) 11:16
ISM