ここから本文です

一度は諦めかけた夢…CL初制覇へブッフォン「恐怖を認め、恐怖に打ち勝つ」

6/2(金) 13:05配信

GOAL

ユヴェントスのGKジャンルイジ・ブッフォンが1日、イタリアメディア『プレミアム・スポーツ』のインタビューに応じ、チャンピオンズリーグ(CL)決勝レアル・マドリー戦に向けて抱負を語った。

3日、カーディフでCL決勝ユヴェントス対レアル・マドリー戦が行われる。ブッフォンは決勝への恐怖について問われると、自身の心境を口にした。

「決勝への恐怖? こういう試合に出場する時、それなりに恐怖はつきものだ。それでも勇気を持って、この恐怖に打ち勝たなければならない。これまでもそうしてきた。だからこそ、恐怖を感じない選手や“恐怖を感じない”と言っている選手より、僕はずっと自分の方が強いと思っている。上手くプレーできると信じて、後悔のないようにプレーしたい。ここで1つのサイクルを終わりにしたい」

またジネディーヌ・ジダン監督率いるレアル・マドリーのスター軍団が相手となることで、最大限に警戒レベルを引き上げた。

「(クリスティアーノ)ロナウドや(カリム)ベンゼマ、(ガレス)ベイルといった偉大な選手を目の前にすると、いつもよりも注意が必要だ。14年前のミラン戦(2002-2003シーズン、PK戦でミランが勝利)、2年前のバルセロナ戦(2014-2015シーズン、3-1でバルセロナが勝利)と同様、非常に重要な試合となる。あれから2年が経ち、再び決勝の舞台へ戻ってきた。イタリアそしてヨーロッパサッカーの歴史を刻むチャンスが再び訪れたのだ」

1度は諦めかけたCL制覇のタイトルを懸けて、39歳ブッフォンがリベンジに挑む。

GOAL

最終更新:6/2(金) 13:05
GOAL