ここから本文です

元佐田の富士が引退会見 持病の股関節痛「どうしようもなくなった」

6/2(金) 6:03配信

デイリースポーツ

 大相撲夏場所を最後に現役を引退した元幕内佐田の富士の中村親方(32)=本名・山本哲博、境川=が1日、両国国技館で会見した。持病の股関節痛が限界に達し「痛み止めを打ってやってきたけど最後はどうしようもなくなった」と語った。

 14年の現役で一番の思い出は自身最高位西前頭2枚目で迎えた15年秋場所の5日目、初めての結びの一番。横綱鶴竜(井筒)に敗れたが「気持ちよく取れた」と強く印象に残っている。

 師匠の境川親方(元小結両国)は「性格も相撲も不器用な男。いろんな経験をどんどん後輩に伝えて欲しい」と後進の育成に期待した。