ここから本文です

キャデラック、車車間通信で信号データ受信…ドライバーが赤信号を見落とした!

6/5(月) 19:13配信

レスポンス

米国の自動車大手、GMの高級車ブランド、キャデラックは5月30日、キャデラック『CTS』が公道でのV2V(車車間通信)のデモンストレーションに成功した、と発表した。

画像:キャデラックCTSのV2Vシステム

キャデラックは、米国とカナダ向けの2017年型『CTSセダン』に、V2Vシステムを標準装備。今回、米国ミシガン州当局と共同で、公道でのデモンストレーションを行った。キャデラックCTSは、信号が変わるタイミングに関して、リアルタイムでデータを受信することに成功。ドライバーが赤信号を見落とした場合、インフォテインメントシステムが警告を発する。

キャデラックのV2Vソリューションは、測位にGPSを使用。車両からおよそ1000フィート離れたところから、毎秒1000ものメッセージを処理できる通信用DSRCを活用する。V2Vを搭載した車両は、気象条件や携帯電話などに依存せずに、情報の転送が可能な無線ネットワークを構築する。

キャデラックは、「V2Vは利用可能なアクティブセーフティ機能を補完するもの。車両周辺のインフラに接続することで、安全性、モビリティまたは環境関連の状況を、事前に車両に知らせることができる」とコメントしている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:6/5(月) 19:13
レスポンス