ここから本文です

卓球=吉村・石川組がメダル確定、張本が水谷に勝利 世界選手権

6/2(金) 9:29配信

ロイター

[1日 ロイター] - 卓球の世界選手権は1日、ドイツのデュッセルドルフで試合を行い、混合ダブルス準々決勝で前回大会銀メダルの吉村真晴、石川佳純組が李尚洙、梁夏銀組(韓国)を4─1で下し、準決勝進出を決めた。

3位決定戦は行われないため、2大会連続のメダルが確定した。田添健汰、前田美優組は香港ペアに敗れた。

男子シングルス2回戦では、史上最年少の13歳で日本代表となった張本智和がリオデジャネイロ五輪銅メダルの水谷隼に4─1で勝利し、3回戦に進んだ。丹羽孝希、村松雄斗も3回戦進出を決めた。

女子シングルス3回戦では石川、加藤美優、平野美宇、伊藤美誠が4回戦に進んだ。

最終更新:6/2(金) 9:33
ロイター