ここから本文です

C・ロナウド、最高の状態でCL決勝へ 「ユーヴェより僕らの方が強い」

6/2(金) 16:44配信

ISM

 現地時間3日にユヴェントス(イタリア)とのチャンピオンズリーグ(以下CL)決勝を控えるレアル・マドリー(スペイン)。エースFWクリスティアーノ・ロナウドは、最高のコンディションで大一番に臨む。

 今季は例年に比べてゴール数が減少したC・ロナウド。しかし、ジネディーヌ・ジダン監督から数試合で休養を与えられたこともあり、シーズン終盤に得点を量産。直近の9試合で14得点と、今季最高のペースでゴールを重ねている。リーガ・エスパニョーラでは最後の3試合で5ゴールを挙げて優勝に大きく貢献。CLでは2試合連続のハットトリックを決めるなど、自身同大会通算100ゴールを達成。チームを決勝の地カーディフへと導いた。

 過度な疲労を溜めることなく大一番を迎えるポルトガル代表FWは、「調子は良い。最高だ」とコンディションの良さをうかがわせた。

 CL史上初の連覇が懸かるファイナルを前に、C・ロナウドは「謙虚な姿勢で試合に臨まなければならないが、同時に態度や気質、自分たちの方が優れたチームだということも示さなければいけない」「ユヴェントスは素晴らしいチームだが、僕らの方が強いと思っている。素晴らしい相手とプレーし、自分たちが勝つと思っている。僕らは前向きに考えているよ」と自信を示した。

 同選手はまた、今季のチーム成績がジダン監督のローテーション制によるところが大きいとの見解を示した。「これまでの数シーズンと比べ、フィジカル的に良いコンディションにある。ジダン監督が賢くチームをマネージメントしてくれたからだ」と、指揮官の手腕を讃えている。(STATS-AP)

最終更新:6/2(金) 16:44
ISM