ここから本文です

宮里優作は予選落ち確定 次戦は「全米オープン」へ

6/2(金) 20:51配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇国内男子◇日本ツアー選手権森ビル杯 2日目(2日)◇宍戸ヒルズカントリークラブ(茨城県)◇7384yd(パー71)

【写真】国内女子は初日中止!強風でテント倒壊も

今季2勝を挙げ、賞金ランキングトップを走る宮里優作は通算9オーバーと精彩を欠き、予選落ちが確定となった。

初日3オーバーで73位からの巻き返しを図った2日目。前半はねばりのゴルフを見せていたが、12番でティショットが深いラフにはまった。池越えでグリーンを狙った2打目は、キャリーでグリーン奥のフェンスを越えてOB。

「飛んじゃいましたね。予定外でした」。ダブルボギーとすると、集中力は途切れ、終盤の14番、16番(パー3)、17番で立て続けにボギーを喫した。最終的に1バーディ、5ボギー1ダブルボギーの「77」。日没順延のため最終順位は未確定ながら、カットラインに6打及ばず、2日間で宍戸を去ることになった。

「開幕からの連戦で、身体も集中力もピークを越えている。やっと休める」。気持ちをリセットし、次戦の海外メジャー「全米オープン」に向け、11日(日)に渡米する。「初日が大事。練習ラウンドから初日にピークを合わせたい」と力を込めた。

引退を表明した妹・宮里藍が国内参戦の「一区切り」とする次週の「サントリーレディス」観戦の予定を問われ、「行きたいんですけどね。六甲国際GCの場所は知ってるけどね(笑)。スケジュール的に難しいかな。今度、宮里カップという名の追い出しコンペでも開催します」と笑わせた。取材後は、サインや写真を求める長蛇の列に一人一人丁寧に対応していた。(茨城県笠間市/柴田雄平)