ここから本文です

世界初! ヒョウ柄の模様を持つクラゲ 江ノ島・鶴岡・北里大学の水族館で展示スタート

6/2(金) 8:40配信

ねとらぼ

 傘の部分がヒョウ柄になっているクラゲ「ヒョウガライトヒキクラゲ(Acromitus maculosus)」の世界初となる展示が、6月1日から新江ノ島水族館(神奈川県藤沢市)、鶴岡市立加茂水族館(山形県鶴岡市)、北里大学海洋生命科学部の学生が運営するミニ水族館・北里アクアリウムラボ(神奈川県相模原市)の3館ではじまっています。

【2匹並んだヒョウガライトヒキクラゲ】

 ヒョウガライトヒキクラゲは1914年に発見されたものの生態の研究などは行われず、2013年にフィリピンの西部で再発見、2016年に採集して初めて繁殖に成功したという希少な種。展示されるのは世界初で、世界でもこの3館でしか見ることができないそうです。

 ヒョウ柄の模様は大小さまざまで、北里大学は「生まれたばかりの頃はヒョウ柄は無く、成長するにつれて発現するようだ」としています。今回展示される生体は傘径が3センチ程度で、ヒョウ柄が出始めた個体となります。

 北里大学海洋生命科学部では今後もこれらのクラゲの研究を続けていくとのこと。学外者が北里アクアリウムラボの見学を希望する場合は、事前に連絡が必要です。

最終更新:6/2(金) 8:40
ねとらぼ