ここから本文です

神楽坂に和牛ハンバーグ専門店 焼き肉「神楽坂 翔山亭」が新業態 /東京

6/2(金) 13:40配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 神楽坂通りに並行して延びる軽子坂沿いに6月1日、「和牛贅沢(ぜいたく)ハンバーグ専門店 神楽坂 翔山亭」(新宿区神楽坂3、TEL 03-5579-2932)がオープンした。(市ケ谷経済新聞)

黒毛和牛100%のハンバーグにローストビーフとサーロインも

 高級和風焼き肉店「神楽坂 翔山亭」の新業態となる同店は、2軒隣で営業する「和牛贅沢重専門店 神楽坂 翔山亭」に続く「専門店」。もともと翔山亭のランチメニューとして提供していた「ハンバーグ」だが、人気が出過ぎたためいったん提供を終了。改良を重ね、今回約1年ぶりに専門店として提供を再開した。席数はカウンター10席。

 石焼き鍋で提供する黒毛和牛100%のハンバーグは、つなぎをほとんど使わず、ゴロゴロとした肉の食感が特徴。メニューは和牛贅沢ハンバーグのみで、「梅(ハンバーグ180グラム)」(1,000円)、「竹(同+ローストビーフ)」(1,480円)、「松(同+同+サーロイン炭火焼き)」(1,980円、以上税別)の3種類。全てに野菜の付け合わせ、サラダ、スープ、ご飯、黄身ダレが付く。

 「和牛贅沢重専門店 翔山亭」同様、味の変化を楽しむ食べ方を提案。まずはそのままで、次に黄身ダレを付けてすき焼き風に、後半はタレを石焼き鍋に入れてハンバーグと混ぜてご飯にのせ、だし汁をかけてお茶漬け風に味わう。

 「普通であれば難しいが、和牛を一頭買いすることでこの価格で提供することができる」と新規事業グループマネジャー兼オペレーションサービスマネジャーの山井啓次さん。「翔山亭を知っていただく入り口として来店いただければ」と呼び掛ける。

 営業時間は11時~20時30分(ラストオーダー)。

みんなの経済新聞ネットワーク