ここから本文です

米環境保護局、早期退職者募集へ=内部文書

6/2(金) 12:12配信

ロイター

[ワシントン 1日 ロイター] - 米環境保護局(EPA)は予算削減の一環として、早期退職者を募る計画。ロイターが入手した内部文書で明らかになった。

【図表で見る】核やミサイルだけではない北朝鮮の「脅威」

9月までに早期退職プログラムを完了する計画。削減人員や金額面での具体的な数字は明らかになっていない。

トランプ大統領は、環境規制の緩和を掲げている。議会に提出した2018年度予算教書では、EPA予算は31%、職員は3200人以上削減することが盛り込まれている。現在の職員数は約1万5000人。

*写真を追加しました。

最終更新:6/2(金) 16:14
ロイター