ここから本文です

【MotoGP 第15戦日本】VIPテラスプレミアム新登場、10名まで観戦できるプライベート空間

6/5(月) 19:24配信

レスポンス

ツインリンクもてぎは、10月13日から15日に開催する「2017 FIM MotoGP 世界選手権シリーズ第15戦 MOTUL 日本グランプリ」にて、上質なホスピタリティとグループ専用空間が魅力の「VIPテラスプレミアム」を設置する。

ツインリンクもてぎは2015年に迫力の観戦が可能となるビクトリースタンド席と滞在の充実と寛ぎを楽しめるホスピタリティガーデンを展開。翌2016年にはグランピングスタイルの観戦が楽しめる「ビクトリーコーナーテラス」と「SORAサイト」を新設した。

2017年は、大型ビジョンを備えた新たな指定席「V字コーナー席」を新設し、さらにグランドスタンド上段にある「テラス席」にグループ向けにプライベート空間を付けたVIPテラスプレミアムを新たに設置する。VIPテラスプレミアムはテーブルやモニター・電源コンセントを完備。仲間同士や家族だけのプライベート空間で贅沢にレースを観戦することができる。

価格は観戦券、テラス入場券、テーブル席エリア入場(3日間)、ピットウォーク(3日間)、特製弁当(日曜日のみ)、ドリンク、N-A指定駐車券が付いて49万3000円。1区画10名まで利用できる。なお、VIPテラスプレミアムを含む主なMotoGP前売観戦券は6月3日から発売する。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:6/5(月) 19:24
レスポンス