ここから本文です

サッカー=元ブラジル代表ガリンシャ氏の遺骨消失、警察が捜査へ

6/2(金) 12:33配信

ロイター

[サンパウロ 1日 ロイター] - サッカーの元ブラジル代表で、ワールドカップ(W杯)を2回制したガリンシャ氏の遺族と墓地の職員は先月31日、1983年に埋葬された同氏の遺骨が消失したことを明かした。

伝説のウィンガー、ガリンシャ氏は58年と62年W杯でペレやマリオ・ザガロとともにブラジルの優勝に貢献した。長い間アルコール依存症と戦った同氏は83年に49歳で亡くなり、リオデジャネイロから約65キロほど離れた故郷に埋葬された。

リオデジャネイロ警察は「墓荒らしの事件性があるかどうか調査を開始した」と発表した。しかし、墓地にはガリンシャ氏の名前で2つの墓石が存在し、職員がどちらに埋まっているのか分からないことを認めたため、掘り起こしてDNAサンプルを採取する許可を遺族に求めた。

ガリンシャ氏の娘はロイターの取材で「どこに埋まっているのか分からないことに非常に動揺している」と話した。また、墓地の作業員からは、遺骨は2つのうちのどちらかに埋まっているだろうと聞いたことを明かした。

最終更新:6/2(金) 12:47
ロイター